商品紹介

商品紹介TOP

フリーズドライビーフレバー スイッチON

トレーニングで遊ぼう!

トレーニングは、愛犬とのコミュニケーションを深めます。
手軽でおいしさ抜群のスイッチONトリーツを使って楽しくトレーニングしましょう。

トレーニングのコツは、愛犬が成功したときにきちんとほめて ごほうびをあげることです。

スイッチONイメージ画像

トレーニングとは、単に愛犬をコントロールすることではなく、愛犬との信頼関係を築くことです。
ごほうびを使ったトレーニングは楽しく簡単で効率的です。
トレーニング自体が愛犬との最適な遊びになりますし、またトレーニングされた愛犬との関係はより充実したものになるでしょう。

初級編 オスワリ 〜 フセ

まずは、できそうで意外とできないフセに挑戦!

オスワリ〜フセ 1(画像)
トリーツをつかんだ指先を上にあげ、「(愛犬の名前)、フセ」と言います。
オスワリ〜フセ 2(画像)
愛犬の鼻先でトリーツを揺らし、すぐその手を下ろして愛犬の前足の間に持っていきます。 手の平を下に向けて愛犬がフセをするまで気長に待ちます。
※愛犬が2でフセしない場合は、トリーツを愛犬の前足から少しずつ離したりお腹の方によせたりすると、愛犬はドスンとお尻を落としてフセをします。
オスワリ〜フセ 3(画像)
愛犬がフセをしたら「いい子だ」と言ってあげ、トリーツをあげます。
中級編 ごろりんこ(ロールオーバー)

トリックとしてお友達にお披露目できるだけでなく獣医さんでの診察の時にもお役立ち!

ごろりんこ 1(画像)
トリーツをつかんだ指先を愛犬の鼻先に近づけ、「(愛犬の名前)、ごろりんこ」といいます。
ごろりんこ 2(画像)
トリーツを愛犬の鼻先から耳の方へ動かします。
ごろりんこ 3(画像)
続けてトリーツを愛犬の肩甲骨のほうまで後にもっていくと愛犬は転がり始めます。ここでとめておとなしく横座りすることを教えることもできます。
ごろりんこ 4(画像)
最後までロールオーバーを完成させるには、続けてトリーツを流れるような手さばきで動かします
ごろりんこ 5(画像)
そうすると、愛犬はもう一度「フセ・マテ」の姿勢に戻ります。ほめてトリーツをあげてください。
トレーニングについてもっと知りたい方は
ダンバー博士のトレーニングシリーズ(画像)
【ダンバー博士のトレーニングシリーズ】
ドッグトレーナーを代表するイアン・ダンバー博士が飼い主さんにとっても愛犬にとっても簡単・効率的で楽しいトレーニング方法を紹介しています。
書籍・DVDはこちら

このページのTOPへ

戻る